読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

setchi’s blog

コードに埋もれてます。

JavaScriptで文字列を圧縮する

jsで文字列を圧縮する方法を探していたらこんなページを見つけました。
javascript - でデータを圧縮/伸張する

これを使えば良いやと思っていたら、あるデータパターンで上手く復元できないことがありました。

とりあえず
JavaScript文字列(UTF-16)をUTF8化

RawDeflate.deflate()

base64エンコード

とすれば圧縮できて、逆をすれば復号ができるようなので難しいことは考えず確実に簡単に動くものを作りました。

高度なJavaScript技集にあるdeflate.js(圧縮用)とinflate.js(復号用)をHTML内で読み込んで下記のような関数を定義。

// 圧縮関数 (要deflate.js)
function deflate(val) {
    val = encodeURIComponent(val); // UTF16 → UTF8
    val = RawDeflate.deflate(val); // 圧縮
    val = btoa(val); // base64エンコード
    return val;
}

// 復号関数 (要inflate.js)
function inflate(val) {
    val = atob(val); // base64デコード
    val = RawDeflate.inflate(val); // 復号
    val = decodeURIComponent(val); // UTF8 → UTF16
    return val;
}

サンプル

 

元の文字列 

圧縮された文字列 

復号された文字列

同じパターンが連続していると圧縮率が高くなる感じです。

モダンブラウザなら申し分ない速度で動くし、膨大な文字列ならweb workerで走らせることもできるので十分実用的かも。

MoziMovieアスキーアート圧縮配信でも利用してます。